toggle

品川神社

新東京八名勝

写真

御祭神

天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)
宇賀之売命(うがのめのみこと)
素盞嗚尊(すさのおのみこと)

御由緒

 文治三年(1187)、源頼朝が海上交通の安全と、祈願成就の守護神として、安房国の洲崎明神である天比理乃咩命を勧請し、品川大明神と称した。元応元年(1319)、北条高時の臣二階堂貞藤(道蘊)が、産業の守護神として、宇賀之売命を勧請し社地を吉端岡と名付けた。文明十年(1478)6月、太田道灌が、風水害、疫病、歌謡の守護神として、素盞雄尊を勧請し6月の天王祭が始まる。東海道北品川宿の鎮守である。

例祭日
6月7日に近い日曜日を入れた金・土・日の3日間
所在地
〒140-0001 東京都品川区北品川3-7-15
TEL:03-3474-5575/FAX:03-3474-5599
受付時間
社務所受付:9時〜17時
御祈祷受付:9時30分〜16時
最寄り駅
京浜急行「新馬場駅」北口より徒歩1分
東京十社 よくあるご質問